株式

【つみたてNISA】楽天スーパーポイントを毎月900ポイント貯める方法公開【超簡単!】

こんにちは!底辺歯科たろうです。

今日はつみたてNISAで運用をしつつ、楽天スーパーポイントをためる方法を紹介します。

こんな人向け

  • つみたてNISAを始めようと思ってる人
  • ほったらかしで運用したい人
  • 投資先(日本とか米国とか)にあまりこだわりがない人
  • 投資のリスクを理解している人(損する可能性あります)
  • 運用ついでにポイントも貯めたい人

この記事で出来るようになること

全世界に分散された激安の投資信託(36万円程度/年)を全自動で積み立て、かつ楽天スーパーポイントを毎年1万ポイント以上獲得できます。

また、楽天銀行のVIPステージになることができ様々なメリットを享受できます。

それでは早速内容に入っていきたいと思います。

まずは大まかな流れから

  1. 楽天証券の口座開設申し込み
  2. 併せて『楽天銀行』『つみたてNISA』の口座も開設
  3. マネーブリッジ(楽天証券と銀行の連携)を設定
  4. ハッピープログラム(楽天銀行と楽天会員の連携)にエントリー
  5. 自動入出金(スイープ)機能を設定し楽天証券に残す金額を0(ゼロ)に設定
  6. つみたてNISAが開設されたら投資信託を15件選択
  7. それぞれ毎日積立、証券口座引き落とし、100円に設定
  8. 楽天銀行に入金をお忘れなく

たったこれだけの設定で楽天スーパーポイントがざくざくたまります。設定がちょっと面倒ですが頑張りましょう。投資信託15本についてはオススメを後ほどご紹介します。では1つずつ詳しくみていきます。

実際の手順を詳しく説明していきます

楽天証券の口座を開設

経験がないと投資って怖いかもしれませんがたいしたことないです笑。証券口座の開設・維持費は無料ですし、軽い気持ちで申し込みましょう!

大げさでなくここで資産運用を始めるかどうかで人生変わると思います。

たろう
たろう
まずは一歩踏み出す勇気を!

併せて『楽天銀行』、『つみたてNISA』の口座も開設

楽天証券の申し込みページで併せて『楽天銀行』、『つみたてNISA』の申し込みが出来ます。つみたてNISAは口座開設まで1~2ヶ月かかるのでさくっと申し込みましょう。迷ってる時間がもったいないです。当然どちらも開設・維持費は無料です

ここでは詳細は省きますが確定拠出年金(iDeCo)も開始を検討された方がよいと思います。節税しながら将来の年金として受け取ることができます。併せて申し込みをすることが出来ます。

FX口座、信用取引口座は開設しなくてよいです。

マネーブリッジを設定

楽天証券、楽天銀行口座が開設されたらマネーブリッジを設定し両者を連携させましょう。楽天証券HPトップ右上『マネーブリッジ』から申し込みページにいけます。一度設定するだけでOKです。もちろん手数料無料です。

楽天証券HPトップ右上

ハッピープログラムにエントリー

マネーブリッジを設定したらハッピープログラム(楽天会員と楽天銀行の連携)にエントリーしましょう。これによりポイントが貯まったりATM手数料無料などの優遇を受けることができます。くどいようですがエントリー手数料無料です。マネーブリッジのページ下部にハッピープログラム詳細があります。

たろう
たろう
すべての設定が終われば2ヶ月目からは自動的に最上位【スーパーVIP】になれます(^-^)

楽天証券HPマネーブリッジページの下部

自動入出金(スイープ)機能を設定し、証券口座に残す金額を0(ゼロ)にする

ここポイントです!

楽天証券口座に残す金額を0(ゼロ)にします。自動入出金(スイープ)機能とは証券口座と銀行口座のお金のやりとりを簡略化してくれるシステムです。ここでは詳細は省きます。マネーブリッジのページ上部にあります。

楽天証券HPマネーブリッジページの上部

つみたてNISA口座が開設されたら投資信託を15件選択

海外(先進国、新興国)株式、国内株式をバランスよくまぜて選択しましょう。よくわからなければ以下のおすすめを参考にされてください。TOPページ上部『つみたてNISA』から順次進んでファンドを選択しましょう。

  ファンド名 分類 手数料(%)
1 楽天・全米株式インデックスファンド

先進国株式

0.1696
2 SBI先進国株式インデックスファンド 0.1155
3 ニッセイ外国株式インデックスファンド 0.11772
4 eMAXIS Slim先進国株式インデックス 0.11772
5 eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー) 0.15336
6 eMAXIS Slim米国株式S&P500 0.1728
7 たわらノーロード先進国株式 0.216
8 楽天・全世界株式インデックスファンド 0.2296
9 iFree S&P500インデックス 0.243
10 SBI新興国株式インデックスファンド

新興国株式

0.1948
11 eMAXIS Slim新興国株式インデックス 0.20412
12 eMAXIS Slim国内株式(TOPIX) 国内株式 0.1674
13 eMAXIS Slim国内株式(日経平均) 0.1674
14 ニッセイTOPIXインデックスファンド 0.17172
15 ニッセイ日経平均インデックスファンド 0.17172

たろう
たろう
こんな感じで15件選択しよう。いつでも変更できるよ。

毎日積立、証券口座引落、100円に設定

引落方法を『証券口座』にします!これも大事です!積立タイミングを『毎日』、金額を100円にします。(つみたて上限を超えない範囲で増額してもよいです)

ポイント付与は15件まででそれ以上はありません!

楽天銀行に入金

コンビニATM等で入金しておきましょう。3万円以上入金することで手数料無料になります。楽天銀行の会員ステージが上がれば(つみたて設定2ヶ月目からはスーパーVIPになれます)月7回までATM手数料無料です。

たろう
たろう
では実際の経過をみていくよ

以下、全自動です。

楽天スーパーポイントの獲得状況(2月22日時点)

2月途中までの実績です。つみたてNISA以外のハッピープログラムのポイントも合算されています。

最初に設定さえしてしまえば毎月こんな感じでたまっていきます。そしてポイントで投資信託を買い付けることもできます!詳細はまた別記事で。

ハッピープログラム対象取引

『1カ月で30件』がスーパーVIPの条件ですが、こんな感じで軽くクリアできます。

毎月の楽天スーパーポイント実績

楽天カードの支払い、所有投資信託のポイントなどを加算して毎月このくらいたまっています。ちょっとした支払いは現金で払うことも多いですが、意識してカード決済すればもっと貯めることも可能だと思います。

まとめます。

余談ですが・・・

上記設定によってポイントが加算される仕組みを簡単に説明します。知らなくてもよいですが一応念のため。

楽天銀行から楽天証券にお金が移動することでハッピープログラム取引が1件カウントされます。

この取り引き1件につき3ポイント付与されます。(スーパーVIP)

これを利用します。自動入出金(スイープ)機能を設定、投資信託の引落口座を”証券口座”にし、しかし証券口座の残高を0(ゼロ)にすることで、自動的に楽天銀行から証券口座に100円が移り買付が実行されます。これが15件連続して行われるというからくりです。

たろう
たろう
気づいたときは震えたよ

▼▼投資初心者は楽天カード決済での投信積立がオススメ!▼▼

▼▼投資がよくわからなくて面倒な人はロボに丸投げもありかも▼▼

 水瀬ケンイチ氏の『インデックス投資に関する書籍』です。歯科たろうはこの本を読んでインデックス投資と心中することを決めました。