節税

【22カ月経過】確定拠出年金(iDeCo)【実績】

こんにちは!底辺歯科たろうです。

確定拠出年金(iDeCo)22ヶ月目の積み立てが行われましたので経過をご報告します。

たろう
たろう
経過は順調だよ!

22カ月目実績公開

H31.2.20現在の損益

投資商品は当ブログで再三紹介しています『楽天全米株式インデックスファンド(楽天VTI)』100%です。年明けからの上昇でしっかりプラスが出ています。確定拠出年金(iDeCo)は本当にほったらかしで運用できるので手順さえ間違えなければ超絶オススメです!

注)評価損益が合ってないのはスイッチングしたためで、上の方が現在の損益です。

始めてから22カ月目までで要した手数料は?

総引落額が67,000円×22カ月=1,474,000円

投資累計額が1,467,677円なので、22カ月の手数料は6,323円です。

楽天証券、SBI証券などは手数料激安ですが、銀行などで確定拠出年金(iDeCo)を開設すると手数料がかなり高いので気を付けましょう。

節税効果は?

シミュレーション結果によると、確定拠出年金(iDeCo)による1年間の節税額はおよそ34万円です。H29、30年の節税TOTALは60万円くらいになると思います。

下記サイトで節税シミュレーションができます!

https://dc.rakuten-sec.co.jp/feature/simulation/

まとめ

確定拠出年金(iDeCo)は月末に登録口座から積立金が引落としされ、翌月中旬頃に買付されます。銀行口座にお金さえあればまったく何もする必要がありません。年末に送られてくる『控除証明書』を税理士さんに渡すだけです。

60歳まで引き出すことが出来ない、資金拘束がデメリットという意見もありますが、強制的に積み立てなかったらどうせ無駄遣いしてお金ないですよ笑

【21カ月経過】確定拠出年金(iDeCo)【実績】こんにちは!底辺歯科医師たろうです。 今回は当サイトでおすすめしている確定拠出年金の実績を公開します。 確定拠出年金(iDeCo)の...
▼▼投資初心者は楽天カード決済での投信積立がオススメ!▼▼

▼▼投資がよくわからなくて面倒な人はロボに丸投げもありかも▼▼

 水瀬ケンイチ氏の『インデックス投資に関する書籍』です。歯科たろうはこの本を読んでインデックス投資と心中することを決めました。