節税

【納めなきゃ損】いますぐ始めよう付加年金!

底辺歯科医師たろうです。

今日は個人事業主なら加入必須!の付加年金についてご説明します。

法人化していない開業歯科院長は国民年金を納めます。

希望者は定額保険料に月額400円プラスして納めることができます。(これが付加年金

私は開業した35歳からなんとなく納付していましたが、制度詳細を知ってとても驚いたことを覚えています。以下、私の場合の具体例です。

私の場合

  • 35歳から納めており、60歳までで総額12万円納付予定
  • 65歳から 6万円/年 受領予定
  • 85歳まで生きると120万円
  • 100歳まで生きると210万円!!

すごくないですか?

付加年金対象者

国民年金第1号被保険者(ここでは院長です)は納付できます。

ただし、国民年金基金加入者は対象外です!!!

付加年金の申し込み先

市区役所及び町村役場の窓口になります。

人生100年時代!いますぐお問い合わせを!!

▼▼投資初心者は楽天カード決済での投信積立がオススメ!▼▼

▼▼投資がよくわからなくて面倒な人はロボに丸投げもありかも▼▼

 水瀬ケンイチ氏の『インデックス投資に関する書籍』です。歯科たろうはこの本を読んでインデックス投資と心中することを決めました。